子犬のベッドを振り回す・ひっくり返すを止めるコツとは?

子犬のベッドを振り回す・ひっくり返すを止めるコツとは?

せっかく買ったベッドをワンちゃんが振り回しながら、ひっくり返してしまう...
そんな姿は可愛い反面、頭を抱える飼い主さんも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、犬用ベッドを販売している会社gugu(グーグー)スリープがそんなワンちゃんのベッドへの攻撃の対策法をご紹介します!

目次
  1. 子犬が振り回す・ひっくり返す原因とは?
  2. 子犬がひっくり返す時の正しい対策法とは?
    1. ベッドへの認識を変える
      • もしワンちゃんがベッドをひっくり返したら?
      • 寝る前のルーティンを決める
    2. 違う遊びを教えましょう
      • 散歩の量を増やしてみる。
      • 新しいおもちゃを買ってみる
    3. ベッド選びを考えてみる
  3. まとめ

子犬が振り回す・ひっくり返す原因とは?

ベッドを振り回してしまう、ひっくり返す行為は、

  • 遊びや狩猟本能の表れ
  • 新しい環境や物に対して、遊んで学ぼうとする生まれ持った好奇心
の2つが原因であったりするようです。

子犬がひっくり返す時の正しい対策法とは?

  1. ベッドへの認識を変える

    ベッドに座っている犬
    • もしワンちゃんがベッドをひっくり返したら?

    声を掛けたり、違うおもちゃなどを与えて、振り回したり、ひっくり返したりする行動をやめさせましょう。 その後、正しい位置に戻します。そしてベッドの上や周りにお気に入りのおもちゃやブランケットを置きましょう。それによってベッドをリラックスできる場所と認識できるようになります。
    大切なのは、ワンちゃんがベッドを遊んでいいものと考えているのをやめさせ、遊ぶものでないものと区別をつけさせることです。

    • 寝る前のルーティンを決める

    また、寝る前のルーティンを設けることで、よりベッドをリラックスできる場所と認識することができます。寝る前にワンちゃんをベッドに連れて行き、落ち着かせるために穏やかな音楽を流したり、優しく話しかけながらワンちゃんをなでることで、ベッドを快適でリラックスできる場所と認識することができます。

  2. 違う遊びを教えましょう

    散歩をしている犬
    • 散歩の量を増やしてみる。

    ワンちゃんがベッドを振り回したり、ひっくり返したりするのは、エネルギーが有り余っている証拠でもあります。エネルギーを消費させるために散歩や一緒に行う室内遊びを増やすと良いでしょう。

    • 新しいおもちゃを買ってみる

    また、ベッドをかじりたいワンちゃんのためには、噛むことに特化したおもちゃを用意すると良いでしょう。これは歯が生える時期のワンちゃんにとっても、歯の健康を保つのに役立ちます。きっと振り回す対象が変わるはずです。

  3. ベッド選びを考えてみる

    guguドギーでくつろぐ犬

    また、ある程度の重さがあるベッドを選ぶのも良いでしょう。持ち上げられない重さであればひっくり返されることもなくなります。ぜひグーグードギーを試してみてください。

まとめ

ワンちゃんがベッドを大切にし、毎晩快適に眠るためには、飼い主の理解と適切な対応が大切です。振り回したり、ひっくり返すといった行動は、適切なトレーニングと環境によって、改善されることが多いです。ぜひ試してみてください。