Better Sleep

グーグーマガジン

最新の研究に基づくあくびが出る8つの原因
あくびをすることは人間をはじめとした様々な生き物(鳥類、爬虫類及び魚類)にとって普通な生理現象です。子宮内の胎児も超音波を通して、あくびをすることが分かっています。もしあくびがそんなに普遍的な現象であるならば、あくびをすることの目的は何でしょうか?その答えを解き明かすために、多くの人は今日も研究をしています。私たちの多くは、あくびをすることは疲れているから、もしくは眠いからだと教わってきたかもしれませんが、実際にはそれほど簡単な理由だけではないようです。いきなりあくびが出るのは最も原始的な現象の一つと言われており、多くの研究がされていますが、未だにそのメカニズムははっきりとは解明されていません。しかし、最新の研究によると、以下の要因はあくびとの関係がある可能性が高いと考えられています。 あくびが出る8つの原因 ・疲れ・社会的な影響・ストレス・脳の使い過ぎ・退屈・お腹が空いている・標高の変化・健康上の理由 私たちは様々な状況であくびをします。状況によっては、周りに自身が疲れていたり、退屈に感じていると思わせないためにあくびを意識的に止めることもあります。...
続きを読む...
マットレスが原因で起こる腰痛の10のサイン
良い睡眠に欠かせないのはマットレスです。正しいマットレスで寝ることは、睡眠の質の向上に繋がり、起床時の気分に大きく影響します。その一方で、マットレスは腰痛の原因になることもあります。体との相性が悪いマットレスで長期間寝ることにより、背骨や筋肉への歪みが生じ、やがて腰痛へと発展します。体に合ったマットレスで寝ることで、背骨や全身のラインが自然に保たれ、腰の痛みを予防することができます。寝具を大切に選ばないことによって起きる体へのダメージは想像以上です。品質の悪いマットレスで寝ることは慢性的な腰痛だけでなく、首や肩の痛みへも繋がります。では、どうすればあなたの腰痛や体の痛みはマットレスによるものか判断できるのでしょうか? マットレスが原因で起こる腰痛の10のサイン 以下の10のサインに注目することにより、主にマットレスが原因で起きる腰痛を予防及び軽減することができます。 1....
続きを読む...
引っ越しシーズンに考える、寝るのが待てない最高の寝室づくり
初めてのひとり暮らし、転勤などによる引越し、また最近ではノマドワーカーや地方に引っ越す方も多くなってきました。新しいライフスタイルの始まりはいろんなワクワクが沢山です。ここでは人生の3分の1を過ごすベッドのある最高の寝室づくりをまとめてみました。 “睡眠を変える”絶好のタイミングが引越しだ 一時期、「引越し難民」という言葉が各メディアでも大きく取り上げられたことがありました。原因は引越し繁忙期に、業者に依頼ができなかったこと。これは実は日本特有のもので、海外では引越しに繁忙期がないことや、引越し業者を利用する人が少ないので、この引越し難民は発生しないそうです。映画の世界を見ていても、引越しに家族、友達が駆り出されているのをよく見かけますね。 あなたはこれまで何度の引越しを経験しましたか?日本人が人生の中で引越しをする回数は、大体3〜5回が一般的という統計が出ています。たまに引越しが大好きな人の話も聞きますし、そのため引越ししやすい気ままな賃貸暮らしを楽しむこともライフスタイルの一つでしょう。...
続きを読む...
断捨離難民にならないために
3月〜4月は春の引越しシーズン。ある意味最高の断捨離シーズンとも言えますが、実際なかなか捨てられないものも多いです。特に大きな家具は処分するか、新しく購入するかと悩むところ。ここでは、粗大ゴミの処理と掃除方法のご紹介をします。新しい暮らしのスタートにお役立てください。 何を処分するか、ときめきはあるか? 引越し自体は急に決まることはなかなかありませんが、毎日の生活と並行して手配をするのはとても大変ですね。どうしても引越し準備はギリギリまで取り掛かることができなかったり、実際思いがけないトラブルが発生することもあります。大きな家具類、ソファー、タンス、ベッドなどは特に早めにどうするかを決め、処分することにした場合は余裕を持って粗大ゴミの収集依頼・不用品の処分の手配を始めましょう。 まずは大きな家具。実際に新居にすんなりと入り、置く場所にも問題がないかの確認をしましょう。どんなに思い入れがあっても、当日荷物が入らないなんてこともあります。無理であれば答えは簡単、処分しましょう。次に、ときめきはあるか?どんなに古くても、傷があってもそれにいい思い出があり、まだその思い出に繋がっていたい気持ちがあれば、持っていくべきでしょう。ただ、新しい生活から新しい思い出を作る!と決心したら、処分しましょう。...
続きを読む...
テニスコート、ネット
昨今多くのトップアスリート達が、睡眠環境の家庭製品の顔として取り上げられています。その理由は間違いなく世界で活躍するアスリートとして、日々躍進する多くの選手達と戦い、日頃のトレーニングから結果を残していくため、最高のパフォーマンスを引き出すためには、睡眠の質の見直しが大切だからと言えるでしょう。
続きを読む...
ちゃんと寝てるのに疲れがとれないのはなぜ?
自分の睡眠中に何が起こっているのかをほとんどの人は知りません。だってグッスリ眠ってるから!?無呼吸症候群や寝言が多いことを、一緒に旅行に行った友達から初めて聞いたなんてことありませんか?パフォーマンス睡眠を上げるためには、まず自分の睡眠の質を知ることからはじまるのです。 多くの人が、自分の睡眠は「布団に入ったらすぐ眠れるから」「朝、よく寝た〜って起きれるから」「ちゃんと眠れてるから」大丈夫!と思いがち。本当にそうでしょうか?生活習慣病などからくる健康被害を少しでも軽減するために、私たちは定期的な健康診断をしています。今の自分の健康状態を知ることにより、この先に起こり得る病気などからの回避や、今の良い状態を持続させるためにも、現在地点を知ることはとても大切です。ダイエットをしよう!と思っても、現在の体重を知らないことには、具体的な取り組み方もゴールも決められません。 慢性的に不眠症の人を調べると、「昨日は2時間しか眠れなかった」と言う人の脳波を図ると実は5時間眠っていたり、「寝つきが悪くて2時間くらいは眠れない」と言う人の脳波を測ると20分で眠りに落ちていたと言う事実も多く報告されています。これは自分でしっかりと確認できないため本人の体感としての数字で「誤認」しているのです。 実際に睡眠の大切さやパフォーマンス睡眠が生活の効率を上げることが、最近では少しづつ認知されてきました。では、毎日の睡眠の質はどうしたらわかり、何を注意していったら良いのでしょうか?従来、睡眠についての検査は、検査入院をし、ポリグラフ検査というセンサーを体中につけ、脳波、呼吸、眼球運動、酸素飽和度、体動、血圧などを一晩中検査する方法しかありませんでした。最近では、スマートフォンの無料アプリでも精度の高い測定もできるので、まずは手軽に自分の数値や傾向を知るためにも試してみる価値はあります。是非アプリストアで「睡眠」で検索し、ダウンロードしてみてください。やることは一つだけ、寝る前にアプリを起動して枕元に置くだけです。(こちらが主流のタイプです)...
続きを読む...
子供たちに睡眠
2014年度の文部科学省の調査報告では、実に中学生の4人に1人、高校生の3人に1人が、睡眠時間が十分ではないと感じています。眠れない脳は、記憶のゴミが整理できないままに溜まっていき、無意識にストレスを溜めていきます。キレやすい子供たちにとって眠りは足りているのでしょうか? 寝る子は学ぶ 今や子供たちが持つのも当たり前となってきたスマホ。うちの1歳にも満たない子供でさえ私のスマホに興味津々で、いじったり、かじったり。こんなに小さな時からスマホが身近にある環境で育てば、スマホがあって当たり前に生活になるのは避けられないでしょう。実際平成29年度の内閣府の調査では、小学生のスマホ・携帯電話の所有・利用率は55%を超え、中学生でも65%を超えています。 アメリカの高校生を対象にして、学業成績と睡眠習慣の関係性を調べた調査では、学業成績が悪い生徒(グレードがC、D、F)は良い生徒(グレードがA、B)と比較して、就床時刻が40分遅く、睡眠時間が25分短いという結果が出ています。アメリカに限らず、日本でも同様の結果が示されています。...
続きを読む...
睡眠サイクルと深い眠りの効果とは?
睡眠のステージ 睡眠サイクルは一晩に、通常90分〜110分ほどのサイクルを4〜5回繰り返すことが理想的と言われています。それぞれのサイクルには4つのステージに分かれ、最初は比較的短いレム睡眠(REM:Rapid Eye Movement)から長く深い睡眠状態に入り、明け方に近くにつれレム睡眠(REM)が長くなり、深い眠りから起きる準備に入っていきます。...
続きを読む...