飼い主の腕の中でゆっくりしている子犬

子犬のベッド、いつから使い始める?どうやって決める?犬用ベッドの会社がご説明します!

可愛い子犬を家族に迎えるのは幸せで楽しい一方で、適切な準備が不可欠です。そして特に重要なのが、子犬の睡眠環境の整備です。

適切なベッドを選ぶことで、子犬の健康と快適さを保ち、安心感あふれる環境を提供することができます。このブログでは、睡眠の専門家であるgugu sleepがベッド選びのポイントを分かりやすく解説します。

子犬のベッドはいつから使い始める?

犬用ベッドで休んでいる子犬

基本的に犬用ベッドはケージやフード、トイレ用品などと一緒に子犬をお家に迎える前に用意しておくものとされています。そして、私たちgugu sleepもそのタイミングで用意しておくことをおすすめしています。

ですがトイレトレーニングの最初の段階では、トイレシートとベッドを隣同士に配置すると、場所の混同が生じてしまい、その結果、トイレトレーニングが上手くいかないことがあるようです。さらに、多くの犬用ベッドは洗濯がしずらいことが多く、最初はタオルや毛布をベッド代わりに使用し、少し経ってからベッドを買う飼い主さんもいるようです。ですが、犬用ベッドを早い段階から使うメリットもあります。

子犬がベッドを使うメリットとは?

同じベッドを長くずっと使えるということはワンちゃんにとって大切です。最初から同じベッドを使うことで、「自分の場所」と安心感が感じられます。それにより、ワンちゃんの精神的な安定につながり、ぐっすりと眠るのにも役立ちます。
そしてよく眠れるということはワンちゃんの健康と成長に役立ちます。

どんなベッドを選べばいい?

子犬におすすめのベッド

ではどんなベッドが子犬にとっての初めてベッドに良いのでしょうか?4つのポイントをご紹介します。

サポート力があるベッドでよりよい睡眠を

まずはしっかりと体を支えられる、しっかりとした品質の物を選びましょう。柔らか過ぎず、硬すぎないマットレスがワンちゃんの健康を支えます。
また、ベッドの温度調節も重要で、季節に応じて調整が可能な素材を選びましょう。

耐久性のある素材が使われているベッドで長く使おう

ベッドの素材は、清潔に保ちやすく、耐久性があることが望ましいです。子犬は好奇心旺盛で、色々な物を噛んだり、おもちゃにするため、丈夫な構造をしていることが大切です。
また、耐久性が高く、清潔に保ちやすい素材を選べば、頻繁な買い替えの必要が減ります。長期的に見てコストパフォーマンスが良い選択を心掛けましょう。

ベッドのサイズは予測で決めよう

子犬は急速に成長するため、成犬時のサイズや重さを予測してベッドを選ぶことが重要です。
筋肉がついている犬種は重さを気にしたり、胴が長い犬種はサイズまで考えるてみましょう。クレートやお家のサイズに合わせて選んでみてください。

シンプルなデザインのベッドを選ぼう

同じベッドを10年近く使うので、シンプルなデザインであることは大切です。お家の雰囲気に合わせた物を選びましょう。

買ってからのポイント

ベッドの配置と環境の整備

ワンちゃんは周囲の環境に敏感なので、刺激を最小限に抑えることが重要です。
大きな音、明るい光などを避けてください。窓からは遠い、家の隅などでは外の音も届きにくく最適です。

まとめ

幸せそうにしている犬

「子犬のベッド選びは、ワンちゃんのこれからの健康に大切であり、ワンちゃんを大切に思うことが現れる最初の行動の一つです。サポート力や耐久性などの品質が良く、成長に合わせたサイズとシンプルなデザインのベッドを選び、子犬を家族の一員として迎えましょう。ワンちゃんが心地よく休める環境を整え、これからの時間を最大限に楽しめるようにしましょう。
gugu sleepがお届けする、愛するペットとの素敵な日々のためのアドバイスです。