fukai nemuri, deep sleep

私たちは眠る大切さとは?

日本は先進国の中で最も睡眠が足りていない国です。成人のうち3分の2の日本人が推奨されている7時間から8時間の睡眠を取れていません。成人の日本人の平均睡眠時間はで6.5時間で40%の人が6時間以下の睡眠時間です。

少し疲れは感じるけど...大したことないかなあ。そこが問題なのです!

私たちはなぜ眠るのか?

睡眠に関する知識は科学的な研究が盛んに進みその結果はとても興味深いものです。日常的に健全な睡眠を取ることは人が健全で幸せであるために選ぶことができる最も大切な生活習慣です。睡眠はヘルシーな食事をして運動をすることよりももっと大切なことなのです。

回復

  • 身体を休ませ、細胞を癒し修復する
  • グレリン(空腹を感じる)、レプチン(食欲を抑える)、インスリン(血糖値を下げる)、コルチゾール(ストレス)、メラトニン(睡眠サイクル)、成長ホルモンなどの重要なホルモ ンバランスを調整する。
  • 睡眠不足は心臓病、脳梗塞、糖尿病、腎臓、うつ病、体重増加などのリスクを増大させる。

記憶の固定

  • 長期記憶と学習習得の編成。
  • 最大30%の記憶力の向上、学習能力の向上、筋肉の記憶の向上。
  • 睡眠不足は記憶力や学習能力の低下につながる。

体重管理

  • 老化物は深い睡眠中に促される。
  • 毒素を取り除く(ガン細胞、アルツハイマーを引き起こすベータアミロイドタンパク質、他の細胞。)
  • 睡眠不足は癌、糖尿病、関節炎、免疫システムの低下、早期老化などのリスクを増大させる。


脳の再編成

  • シナプスは睡眠中に作られ、新しく作られたシナプスはアスリート/学生/就労者などののパフォーマンスを向上させ、注意力や創造性を高め、生産性を上げる。
  • 新しい記憶と既存の記憶を結びつける。
  • 睡眠不足は意思決定や問題解決を妨げ、感情の抑制や、事故発生率の増加リスクを増大させる。
マットレスを見る


 

引用:

1. Why Sleep Matters: Quantifying the Economic Costs of Insufficient Sleep, RAND Corporation
2. Why We Sleep, Matthew Walker 「睡眠こそ最強の解決策である」
マシューウォーカー著

gugu magazine

ニュースレター登録

登録