寝る時に蚊がいて寝れない人

部屋に蚊がいて寝れない時の対策法

「いざ寝ようと思ったら何だか嫌な音が・・」蚊のブーンという音は、寝ようとした時に聴きたくない音の中でもトップクラスに嫌な音なのではないでしょうか。

音が聞こえた時には、時すでに遅し。

気づいたら刺されていて、体が痒くなり、捕まえようとするけど、全く捕まらない。捕まえるのを諦めて、寝ようとしても耳元であの嫌な音が・・・

日々の疲れを取る睡眠の邪魔をする蚊ですが、今回は眠りの会社gugu(グーグー)スリープが寝る時に部屋にいたら嫌な虫である蚊の対策法をご紹介します。

今すぐできる対策法もあるので、今蚊と格闘していて寝られない方も、今回ご紹介する方法で気持ち良い眠りにつきましょう!

今すぐできる寝る時の蚊対策!

「今まさに寝る時なのに、部屋に蚊がいて寝れない・・」そんな方のために、まず最初に、今すぐにできる蚊の対策法をご紹介します。

光を使って誘き寄せ、捕まえる

とにかく今蚊を捕まえて、早く眠りにつきたいという方は、「光」や「光から出る熱」などを使って蚊を誘き寄せて捕まえるのがおすすめです。

蚊は「光」や「熱」、そして「二酸化炭素の濃度が濃いところ」に集まってくる傾向があるので、その傾向を利用して捕獲しましょう。

光を使った蚊の捕まえ方

  1. 部屋を真っ暗にする。
  2. お手持ちのスマホや懐中電灯など、光を出せるものから光をつける。
    【ポイント】
    スマホ等で光をつける際は一番明るいモードで光を出してください。
  3. 光に向かって息を吹きかけ、光周辺の二酸化炭素濃度を高める。
  4. 光と二酸化炭素に蚊が向かってくるのを待ち、蚊がきたら捕まえる!
    【ポイント】
    蚊は上下の動きは早く、左右の動きが鈍いため、左右から叩くのではなく、上下から叩くと捕まえやすくなります。

部屋の明かりをつける

光を使って誘き出してるけど、全く捕まらない。
だけど早く寝たい!そんな時は部屋の明かりをつけたまま寝ましょう。

基本的に蚊は夜行性なため、明るい時間帯はあまり活発ではなく、暗くなると活発に動きます。そのため、部屋が明るくなると蚊は部屋の暗いところでじっとしていてくれるのです。

実際、10分間明るい光に蚊を晒すだけで、蚊が人を刺すのを抑制したという研究結果もあります。

部屋の明かりをつけて、蚊の活動を抑制する方法

  1. 部屋の明かりをつける。
  2. 明かりをつけたまま、数分間待つ。
  3. 蚊の活動が治まってきたら、ゆっくり眠りにつく。

根本の解決にはなりませんが、部屋の明かりをつけている間、蚊の活動は活発ではなくなりますので、蚊のことを気にせずに眠りにつくことができます。

最後の手段として、部屋の明かりをつけたまま寝ることもおすすめです。

扇風機の風で追い払う

夏などの暑い時期は寝室で扇風機を使っている方もいるのではないでしょうか。

もし近くに扇風機があれば、自分に向けて風を送ることで蚊を追い払うことができます。

実は蚊は飛ぶことが得意ではないため、扇風機などの風でも簡単に吹き飛ばされてしまいます。

そのため、扇風機などから自分に向けて風を送り続けることで風のバリアをつくり、蚊を追い払うことができます。

扇風機で蚊を追い払う方法

  1. 扇風機を自分の寝ている方に向けて、首を回した状態でつける。
  2. 扇風機を寝床からある程度離し、タイマーをセットする。
  3. 風の力で蚊から守ってもらいながら、気持ちよく眠りにつく。

【ポイント】
一晩中風を浴び続けると寝冷えしてしまったりするので、この方法で寝る時の蚊対策を行う方は、タイマー等をセットすることを忘れずにしてください。

寝る時の蚊対策をしっかり行い、快適な睡眠を手に入れましょう

「部屋に蚊がいて寝れない・・」なんて事態を避けるためには、寝室等の蚊対策をしっかり行うことが大切です。

ここからは、快適な睡眠を手にするための、寝る時の蚊対策をご紹介します。

アロマオイルの香りを使った対策

 寝る時の蚊対策に良いアロマオイル

実は、蚊には苦手な香りがあり、レモンバームやシナモン、ユーカリ、バジル、ペパーミント、ラベンダーなどの香りは蚊が嫌いな香りです。

これらの香りのアロマオイルを寝室に行き渡らせることで、寝る時の蚊の対策になります。

【ポイント】
アロマオイル等の香りを使った、寝る時の蚊対策をする方は、扇風機などを使って寝室全体に香りが行き渡るようにすると効果的
です。

蚊取り線香などの虫除け剤をつかう

最もポピュラーな蚊の対策法ですが、蚊取り線香などの虫除け剤を使うのも一つの方法です。

蚊取り線香は非常に効果的ですが、煙が出るので室内での使用は嫌という方もいるのではないでしょうか。

そんな方はマットタイプの蚊取り器などもありますので、そちらの使用などを考えてもいいかもしれません。

蚊帳などの蚊よけグッズをつかう

寝る時の蚊対策に良い蚊帳

「香り」や「蚊取り線香」など以外にも「蚊よけグッズ」を使用することで、寝る時の蚊対策を行うことができます。

おすすめの蚊よけグッズは「蚊帳」です。

古くから使われている蚊帳ですが、蚊帳があれば部屋に蚊がいても、ベッド周りに蚊が侵入するのを防げるため、寝る時の蚊対策としては非常におすすめのグッズです。

近年は、おしゃれな蚊帳などもありますので、蚊のいる時期の寝室の模様替えとしても楽しめます。

そのほかの寝る時のための蚊対策

ここまでご紹介したもの以外にもいくつか簡単にできる寝る時の蚊対策がありますのでご紹介します。

パジャマは長袖を着用

あくまで寝る時の蚊対策という観点からですが、半袖のパジャマより長袖のパジャマの方が蚊対策になります。

想像通り、肌の露出が少なければ少ないほど蚊に刺される確率は低くなることから、長袖のパジャマは寝る時の蚊対策には効果的です。

【ポイント】
蚊は赤色や紺色、そして黒色を好みます。パジャマに赤、紺、黒色が入っていると蚊が寄ってやすくなるため、できるだけその色のパジャマは避けましょう。

快適な睡眠を得るためのパジャマの選び方はこちらの記事をご覧ください

靴下を履いて寝よう

蚊にとって、足の臭いは甘い香水のようなものです。靴下を履いて寝ることで、足の臭いを軽減させ、蚊を近寄ってこさせなくすることができます。

寝る前にシャワーを浴びる

汗の匂いも蚊にとっては大好物です。できるだけ寝る直前にシャワーを浴びることで、体の汗の匂いを取り、蚊を近寄ってこさせなくしましょう。

たださえ寝苦しい夏、蚊の対策もしっかりしてよく寝よう

蚊が多く発生する時期は、ただでさえ寝苦しく、なかなか快適な睡眠を得ることが難しい時期です。

そんな時期に多く現れる蚊は、私たちの気持ち良い眠りを奪っていく厄介もの。

寝る時の正しい蚊対策を行い、蚊に邪魔されない気持ち良い睡眠を手に入れましょう!